アンガ-マネジメント 栃木 宇都宮 | カラリア

あなたのイライラをコントロールするアンガーマネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

アンガーマネジメント

アンガーマネジメント企業・団体向け

企業団体向け研修

 ・一般社員研修
 ・管理職研修
 ・女性研修

企業・団体向け研修
研修
イベント集客(・キッズ向け・ママ向け・家族・父親向け)
コンサル(グループコンサル・個人コンサル):ストレスチェック対策

アンガーマネジメント何?

アンガ―(怒り・イライラ)の感情を理解し、コントロールする心理トレーニング方法です。1970年代のアメリカで生まれ、様々な分野で世界中にひろがっています。日本では特に、子育て中の親、学校での体罰防止教育、企業内のパワハラ防止研修、スポーツのメンタルコントロールなどで取り入れられています。5歳から学ぶことができるので、文科省の子供向けの感情理解教育の推奨プログラムにもなっています。

怒ることは悪いこと?

日本では「喜怒哀楽」という言葉があるとおり、誰にでも自然にある感情なのです。問題なのは、怒ることで攻撃的になって人を傷つけてしまったり、コミュニケーションがうまく取れなくなってしまうことです。また、「怒りは成長する」性質があります。最初はちょっとイラッとしたことだったのに、何回も続くとどんどん怒りが大きくなって、「恨み」に変わってしまうことがあります。そうなると、何が原因だったのか本人にもわからず問題を解決することが難しくなってしまいますね。
怒ることは事態は悪いことではありませんが、怒りで損をすることがないようにコントロールする方法を学ぶことが必要です。

どんな心理トレーニング?

 アンガーマネジメントは「売り言葉に買い言葉」「キレる」などの短絡的、反射的に怒るのではなく、自分の感情に素直に向き合い、適切な方法で怒ることができる。そのために、自分なりの怒りに対する対処法を意識して身につける。怒りにくくなる体質を継続的に作っていくトレーニングです。怒りなんて、コントロールできるの?と質問されることがありますが、実は子どもからお年寄りまでできる簡単な方法なのです。

怒りの性質

怒りには「対象が身近な程強くなる」という性質があります。主婦対象の調べ(NHKあさイチ調べ)ではイライラの原因のトップが「自分の子供」次に「夫」、「自分」の順です。また、大学共同 利用期間機関法人「統計数理研究所」が実施した「日本人の国民性調査」によると「ここ1ヶ月にイライラ経験が「ある」人」の割合をみると、20代では男性55%、女性77%、30代では男性57%、女性76%と20、30代の女性が各世代で一番イライラしているとの結果が発表されました。子供も小さい、夫も忙しい、子育ての中親心になっているママたちが自分の家族に日々イライラを募らせている。ゆったり優しいママが理想なのに、程遠い自分にもイラだつ。私も30代のころは子どもに対してイライラして眉間にしわを寄せていました。今もイラッとすることはありますが、コントロール方法を身につけたおかげで怒りの頻度と強度はどんどん下がっています。

ママのイライラのお悩み

私(斎藤)は、宇都宮市内でアンガーマネジメントの入門講座を定期的に開催しています。講座は身近な事例を受講生から出していただいて、ワークを通してアンガーマネジメントの心理トレーニング方法を身につけていただくことが目的です。参加しているママ達が事例としてよくあげるのが、「子供の片付け問題」です。よく聞いてみると子供の行動がきっかけでイライラするけど、その根底には夫への積もり積もった不満がある方が多いようです。

怒りの前にある感情に気づこう

この根底にある感情を一次感情がたまっていると怒りが出やすくなります。
(イメージ図)

ちょっとのことでもイライラしがちなときは、つらい、さびしい、悲しい、痛い、疲れたなどの感情がたまっているか、自分の心の中を観察してみてください。怒りとして爆発する前に小出しに解消していきましょう。気の合うお友達とのおしゃべり、軽い運動などをお勧めします。「イライラママからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。ママは家族の中心。心の安定の手段としてアンガーマネジメントをおすすめします。

怒りやイライラから解放されたい。
怒りの感情を上手に扱いたい。
怒りのエネルギーをより良い方へ使いたい。
そのお手伝いがしたくて、ファシリテーターとしてアンガ-マネージメント講座を開催しています。

「イライラからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段としてアンガーマネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールするアンガーマネジメント