アンガ-マネジメント 栃木 宇都宮 | カラリア

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント

お問い合わせフォーム

Facebook

キッズインストラクター養成講座

キッズインストラクター養成講座大人向け

子供達に感情教育のインストラクターとしてアンガーマネジメントを教えられるようになります

先日、以前中学校で仕事していたときの
生徒からTwitter経由で連絡がありました。

高校に入ってからのみんなの様子、
自分のこと‥など。

ちょっとずつ大人の女性に近づいてるなー
と感じました。

思いがけなく、Twitterでの
高校生たち(フォロワー)との
やりとりを見ていて思ったこと。

突然激高して、感情をぶちまけている女子が
多い。

普通に会話していたのに、突然、ある友達への
罵詈雑言をつぶやき始めて、
フォロワーが「どうした!」と慌てると、
「ほんとにごめん。忘れて!」
と今度は過度に謝り始める。

友達との擦れ違いが発端のようでしたが、
あまりの変貌ぶりに驚きます。

感情の乱高下。
自分でも抑えきれない攻撃性。
友達からの慰めの言葉。
自分がやってしまったことへの後悔。
慌てて普段の自分を取り繕う焦り。

大人なら誰でも思い当たる、
「高校生あるある」だと思います。
自分もこんなことあったなーと…。

ちょっと待った!

30、40代の高校生の親世代と
今の10代が違うことは、
twitterやLINEなどで、
言葉が拡散してしまうことです。
そして、証拠が残ってしまいます。

感情にまかせた行動が思わぬ
人たちにまで知られてしまいます。

だから、スマホ世代は!と
ツールのせいにすり替えるのではなく、
今の子は進んでるからーと時代のせい
にするのではなく、

わたしは、
思春期前の感情教育の必要性
をひしひしと感じています。

今、現在の小学校・中学校では、
教科書等で「感情教育」についての
記載はありません。
日本では大人たちも、「感情教育」を
受けていないからです。

感情にまかせて行動にうつしてしまい、
後悔したり罪悪感をもつのではなく、
うまくコントロールして
上手に自分の感情と付き合いたい。

そのコントロールの仕方を学ぶのが
アンガ-マネージメントです。
感情について、「目からウロコ」体験を
してみませんか?

「イライラ、モヤモヤ、不安な気持ちから解放されたい。」
「自分の感情を上手に扱いたい。」
「感情のエネルギーをより良い方向に使いたい。」
そのお手伝いがしたくて、アンガーマネジメント、レジリエンス、認知行動療法を組み合わせた『感情マネジメント』についてお話しをしています。

「イライラ、モヤモヤからさようなら」するためには、まずは、自分の感情と素直に向き合ってみましょう。
心の安定の手段として感情マネジメントをおすすめします。

あなたのイライラをコントロールする感情マネジメント